20110730 アジャイル本読書会

### 日時と場所
2011/07/30 10:00-12:00 COMS 会議室1-1

### 参加者
懸田、山岡、二宮、井門、井門(忍)、@ramusara、藤田 (全7名)

はじめに(5 mins)
===============
まず最初は自己紹介 & 期待すること。
  • @ramusaraさん、普段はCプログラマー
  • 山岡さん、どんなことをされるのか楽しみにしてます。
  • 二宮さん、システムの保守中心
  • 井門先生、申し込み間に合わなかった...
  • 井門さん、プログラムはしないけど、興味あります。
2章から読む(100分) ================== 二章では心構え的なものを紹介する。アジャイルは実践もさることながら、心構えも大事。 1. 成果をあげるのが仕事 ------------------------------------------- * プロセスよりも成果に価値を置く * 犯人探しはしたくなるよね→理由をつきとめる * 成果がクリエイティブだと難しい、なので時間かけるだけでは成果に到達できない。 * 時間ではなく、成果で測定しないと正しく評価できない。 * お客さんは、時間で見てしまう。 * 成果が大事。過程より成果がだいじ。 * 日本の政治がまさに「責任追求」「犯人探しだよね」 * 新人の教育でプロジェクトしている。犯人探しをしてしまう。 * 犯人探しは本当に悪いの? 再発防止のためにはやってもいいのではないか? * 個人的な疾患をもっている * リーダーとして責任をどうとるか? * プロジェクトではアジャイル、組織は始末書? * 始末書は、放っておいてはいけない。 * できるだけ楽して、金だけもらおう、という人もいる。どうする? * まず理想を持っておきながら、現実に対応するのが大事。 2. 応急処置は泥沼を招く ---------------------------------------- 本当は「応急処置を避ける」というタイトルかな? * 似たような変更が複数に点在している... * 応急処置は個人しかわからない。チームで開発するためには、応急処置はさけたほうがいいのでは? * 手がつけられないシステムがある。複雑だから? * Gotoが多用されている。手がつけられない。VB.NETもGotoは使える...。変数名もよくわからない。 * 数値計算がメインだと、応急処置は命とりなので、できない。 * 正解はないシステム(ex: 画像から目を認識する、など) * 「動けばいい」に加えた満足条件が必要 * 顧客にだしたコードは修正しない。「出してるやつだからさわっちゃダメ」 * 満足条件を拡張していくのが大事だし、それがアジャイルな開発かなぁ。 * 「後でやろう」の後はこない。だから少しづつ、きっちり終わらせながら前に進む。 * すぐに対応することも時には必要。ただし必ず長期視点に基づく処置をしないといけない。 3. 人ではなくアイディアを批判する ---------------------------------------------------------- * 会議のまとめやくは利害関係がない人がいいとはいうが、なかなか難しい * 皆で問題について相談する時には、問題をかかえる人が「まとめ役」になる。ので難しい。 * なぜ「問題をかかえてない人がまとめ役にならないのか?」→「自分の問題だと感じてないから」 * 「まとめ役を頼む」 * 企業って会議は多いの? * うちは部長、リーダー、チーム毎などでやるけど、そんなに多くはない。 * 議題はないけど、会議はする。議題がなくなると、「会議で何を扱おうか」という話になる。 * 「会議のあり方」を毎年考える * 膨らむ風船を持ち回って、意見を出してもらう。 * 「クッシュボール」をトーキングオブジェクトにすることは多いですねぇ(懸田) ふりかえり(10mins) =================== ふりかえりの画像は最下部 よかった ----------------- * 意見を出す場をもうけていること * アジャイルの基本的な手順を学べた→個人ではなくPJを中心に考える * 皆さんの意見を聞けた(普段聞けない) * 人が増えた+++ * 部屋がいい * 仕事に使えるアイディア * 前回の改善ができた 次はこうしては? --------------------------- * 風船を回して話そう! * こくちーずが締め切られてた→締め切りは設定しなくていい!! * 会議室は有料(2200円) * 300円ならOK、500円だと.... → 一人300円で! 次回の日程 =========== 2011/8/27 10:00-12:00 COMS 会議室1-1(3F) (当日予約済み)

ふりかえり結果

image1



blog comments powered by Disqus

Published

30 July 2011

Tags